t_03.pngt_03.pngk_03.pngk_03.pngke_03.pngke_03.png環境_03.png環境_03.png海外進出の取組み3.png海外進出の取組み3.pngzigyouannai.pngzigyouannai.png子育て支援.png子育て支援.png

環境への取組.png環境への取組2.png

iso50001取得.JPG

弊社は、新たな環境活動として昨年11月にエネルギーマネジメントシステムの国際規格「ISO50001」の認証を取得しました。
審査登録機関は、日本環境認証機構(JACO)です。
当社は、2001年に「ISO14001」の認証取得以来、省エネの推進や温暖化防止、地域貢献の活動に取り組んできました。
それから10年後の2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、省エネから「創エネと安全」を永遠のテーマと位置づけ、
「ISO50001」に切り換え、エネルギーに関する情報を敏感に察知し、
お客様のお役に立つ企業であり続けるための活動を推進いたします。
具体的には、「人と地域に、安心という名の信頼」を理念に、琵琶湖を預かる近江発の企業として、
地域周辺の環境保全を努める上でエネルギーが重要課題であることを認識し、エネルギーマネジメントシステムを推進。
エネルギー効率の向上を目指した製品の提案から販売およびサービスを進展させるエネルギーマネジメントの取組みを通じて、
エネルギー負荷低減に貢献する方針です。

エネルギー方針

制定:平成27年07月01日
改訂:平成27年10月10日

 山久は、「人と地域に、安心という名の信頼」を理念に、琵琶湖を預かる近江発祥の企業として、
地域周辺の環境保全に努める上でエネルギーが重要課題であることを認識し、
エネルギーマネジメントシステムを推進します。
 エネルギー効率の向上を目指した製品の提案から販売及びサービスを進展させる取組みを通して、
エネルギー負荷低減に貢献するため、次のエネルギー方針を定め実行します。


1.省エネ法等の法令、その他の要求事項などを順守します。        

2.下記の目的、目標を設定し、達成するために必要な情報や資源を確保し、
  PDCAサイクルを確実に行うことにより、エネルギーマネジメントシステムの継続的改善を推進します。
     1)電気使用量の削減
     2)ガソリン使用量の削減
     3)エネルギー効率を向上させる

3.再生可能エネルギーやエネルギー効率の改善に有効な商品など発売された場合、
  その効果等を評価して自社で導入したり、お客様へ積極的に提案など行う。


☆ 3.11の東日本大震災以降、省エネから『創エネと安全』を永遠のテーマと位置づけ、
  関わる情報を敏感に察知し、自社やお客様へ役立つ企業であり続ける。

このエネルギー方針を全社員、及び山久のために働くすべての人に通知し、全員が
理解し周知し行動できるような教育活動を推進します。なお、このエネルギー方針
は社外に公開します。

山久ロゴ.jpg
代表取締役 平山 正樹

EnMS活動

①目的目標、実施計画
②5S活動(毎朝5分間)
③事務局会議(月1回)
④改善提案制度
⑤内部監査(年1回以上)

◆事務局メッセージ
ISO14001→50001(エネルギー)へのステップアップを目指し、現在は太陽光発電システムの導入や空調の節電提案、また地域清掃活動などを行っております。
詳しくは、地域活動のページをご覧ください。

EnMS事務局長.jpg




8ac28bab8e968bc69594.png8ac28bab8e968bc69594.png


bior_02.pngbior_02.png
セミナー・展示会.pngセミナー・展示会.png
news.pngnews.png
orenge_03.pngorenge_03.png
234_60.jpg234_60.jpg